失敗しない事業融資【事業者ローン・ビジネスローン】※今すぐ借りる資金調達

失敗しない事業融資【事業者ローン・ビジネスローン】※今すぐ借りる資金調達

事業融資・事業者ローン・ビジネスローンの審査

まず申し込み資格の前提として、・税金の未納は発生していないか


 ・最低でも2年以上の業歴があるか

 ・最近の決算で債務超過でないか

  少なくともこの3つがクリアーしてないと銀行レベルでは難しいと思います。
どうしても必要、緊急な場合には通常のキャッシングを個人利用枠として利用するという裏ワザもあります。

即日融資カードローンを15社比較(外部ページ)

そして、決算書(直近2期分)、事業計画、収支計画、資金計画などを求められることもあります。 資金使途として見積り書等が必要な時もあります。

銀行の場合は、申し込んだ後に融資担当者との面談があります。
ですので、それぞれの計画書について熟知しておき、明快な説明が求められます。
ここで、曖昧で分かりずらい説明では納得してもらえませんので、事前に十分勉強して準備しておくことです。
この面談と提出書類を基に審査が行われ、経営者の資質、事業の内容・計画の確認と、業界での位置、決算書を基に安全性、収益性を推し量っていきます。

それぞれの項目について、点数化されていき高得点の企業が有利ということになります。 なお、銀行の事業者ローンやビジネスローンには信用保証協会保証付融資というのがあり、 まだ業歴が浅い企業、もう一つ業績が上がっていない企業では大いに利用すべきだと思います。

尚、銀行にはプロパー融資というのがあり、保証人も不要ですがリスクが高いので審査が厳しくて、信用の高い企業にしか融資しません。 いずれにしても、事業融資は業績が中心になりますからこのことを念頭において、対応してほしいと思います。

新着記事はこちら

Return Top