失敗しない事業融資【事業者ローン・ビジネスローン】※今すぐ借りる資金調達

銀行が事業融資の審査で見ている部分

toushi

事業融資は銀行にお願いすることが多いのですが、銀行は誰にでも貸してくれるというわけではありません。
必ず審査を行ったうえで、貸しても問題はないのかどうか判断してから融資を行っています。

基本的に返ってくる見込みがないと判断されると融資は行われません。
審査では事業内容なども加味して融資を判断しています。

審査の際には面談をすることがあります。

面談では嘘を付いていないのか、本当にその事業に使われる見込みがあるのかを判断されます

この面談が結構重要な部分であり、これで信用を勝ち得ることができれば審査を通過することができます。
しかし嘘をついていたり、明らかに書類に不備があるという場合は審査に落とされてしまいます。

もう1つ審査に落とされてしまう部分として、赤字経営を行っている場合が挙げられます。
1年だけ赤字になったということであれば問題ないのですが、何年もこの状態が続いているということは、
場合によって経営破たんをされて回収できない可能性が出てきます。

そうした企業に融資をしてくれるほど銀行は甘くないのです。
そのため赤字が多い場合も審査に落とされます。
大切なのは健全な経営を続けて、銀行から信用を勝ち得ることです。これができれば審査を通過することが可能となり、事業融資を受けることができます。

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top